リオティント 循環的で持続可能な市場エコ・システムを通じた脱炭素化推進にシュナイダーエレクトリックと提携


24 June 2021

鉱業と金属素材の世界的企業リオティントは, エネルギー・マネジメントと自動化分野のデジタル・トランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックと、両社と互いの顧客企業にとって循環型で持続可能性の高い市場エコ・システムを構築する、これまで前例のないパートナーシップに関する覚書を交わしました。

複数のコモディティを対象にしたこのパートナーシップでは、シュナイダーエレクトリックはリオティントが責任をもって生産した素材を原材料として使用します。これには再生可能エネルギーを使って生産された低炭素アルミニウムと銅、鉄鉱石、そしてホウ酸塩が含まれています。 リオティントは、シュナイダーエレクトリックのエネルギー・産業関連サービスを活用します。さらなる脱炭素化を推進するため、両社は協働してデジタル・プラットフォームや技術・ソリューションを開発し、金属や鉱業のサプライ・チェーンを通して展開します。

リオティントのチーフ・コマーシャル・オフィサー、アルフ・バリオスは次のように述べています。「このユニークなパートナーシップは、低炭素素材と最先端のデジタル技術を組み合わせることで、脱炭素化と再生可能エネルギーを活用したソリューションの推進を加速させます。協力して取り組むことで、リオティントもシュナイダーエレクトリックも、単独でできる以上のことを追求できます。この提携はまた、工場の稼働率向上に寄与する人口知能や予測分析の活用や、当社のサプライ・チェーンのデジタル化、その他の革新的な技術の採用など、戦略的な取り組みの可能性を拡げることにもつながります」。

シュナイダーエレクトリックの産業オートメーション担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、バーバラ・フライは、次のように述べています。「産業界の脱炭素化の課題に立ち向かうために、クリーンで先進的なソリューションの開発にリオティントと共同で取り組むことに、ワクワクしています。我々は、世界で最もサステナブルな企業として、また、スマート・ファクトリーやスマート・ディストリビューション・センターの世界的ネットワークを持つメーカーとして、オープンでソフトウェア中心の産業オートメーションと持続可能なエネルギー・ソリューションを通じ産業界の未来を環境効率よく機敏で適応力のあるものにする使命を担っていると考えています。このパートナーシップは、世界に進歩と持続可能性をもたらすことにリオティントが当社と同じ情熱を持っていることを示しているのです。

今回発表されたパートナーシップはシュナイダーエレクトリックのエネルギー・アズ・サービスの専門知識を活用してマイクロ・グリットを含む革新的なソリューションを利用し、低炭素エネルギーの供給、人工知能とアドバンストアナリティクスを用いてリオティントのオペレーションとそのサプライ・チェーンのサステナビリティー目標の達成を支援します。

トレーサビリティーと透明性を追求するリオティントのSTARTプログラムは、ブロックチェーン技術を使った初めてのアルミニウムのサステナビリティー・ラベルです。今後、このSTARTはシュナイダーエレクトリックにも展開されて顧客企業、サプライヤーほかパートナー企業に対してより多くの価値を提供します。両社は共同で、STARTをシュナイダーエレクトリックのEcoStruxure™プラットフォームと組み合わせてさらに透明性を高めることに取り組みます。EcoStruxureは製造現場からオフィスまで、企業活動をすべてつなげるIoTシステムアーキテクチャで、さらなる安全性、信頼性、効率性をもたらします。

両社はまた、再生可能エネルギー技術につながるクリティカルマテリアルの効率的な生産や、低炭素のグリーン・スチール製造の開発促進など、新たに生まれつつある革新的な機会評価のためにも連携します。これらはともに産業の脱炭素化に対して、長期的に重要な役割を果たすことが期待されます。

ご参考:

リオティントについて

リオティントは、低炭素社会への移行を可能にするうえで重要な役割を果たす高品質の鉄鉱石、銅、アルミニウム、その他鉱物を生産しています。

私たちは20年間以上にわたって、気候変動の現実を公に認めており、2020年までの10年間で排出量を30%以上削減してきました。

私たちは、2030年までに、2018年のベースラインと比較して絶対排出量を15%削減し、排出原単位を30%削減する目標を掲げています。 これらの目標は、2010年のレベルと比較して絶対排出量が45%削減され、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の1.5°Cシナリオに整合しています。 これらは、2030年までの10年間のうち最初の5年間で排出削減イニシアチブに約10億ドルを費やすという私たちのコミットメントによって支えられています。2020年には、バリューチェーン全体でのパートナーシップを通じた取り組みを進めるために、新たにスコープ3排出削減目標を設定しました。

当社の気候変動への取り組みの詳細は下記のリンクをご覧ください。

www.riotinto.com/invest/reports/climate-change-report

シュナイダーエレクトリックについて

シュナイダーの目的は、エネルギーとリソースを最大限に活用し 、進歩と持続可能性をすべて実現するためにあらゆることを支援することです。私たちはこれを、Life Is Onと呼んでいます。

シュナイダーエレクトリックの使命は、持続可能性と効率に関してデジタルパートナーとなることです。

世界をリードするプロセスとエネルギー技術を統合してデジタル変革を推進します。当社は、製品、制御、ソフトウェア、サービスを接続するクラウド統合のエンドポイントを提供し、現場同士から統合企業管理へと変革する機能を提供。ご家庭、ビル、データセンター、インフラストラクチャ、および業界向けの安全性、信頼性、サイバーセキュリティを実現します。

当社はグローバル企業の中でも最もローカルです。シュナイダーエレクトリックは、お客様と比類なく近接し、弊社が取り組んでいる全てにおいて、高い倫理基準によりビジネスの継続性を支援できるように、機敏な方法でより深い理解と予測、適応を実現します。

 

www.se.com

お問い合わせ

Media Relations, Japan

中川奈津子 Natsuko Nakagawa
M +81 (0)80 7111 8747
natsuko.nakagawa@riotinto.com

Rio Tinto Japan

1 Kojimachi 4, Chiyoda-ku
Tokyo 102-0083
Japan

riotinto.com
www.riotinto.com/about/rio-tinto-japan
www.facebook.com/riotintojapan
twitter.com/riotintojapan