リオ ティントの主要事業

リオ ティントの主要事業

リオティントは、世界有数の資源会社です。

英国を本拠に、リオ ティント グループは、ロンドンおよびニューヨーク証券取引所に上場している Rio Tinto Plcと、オーストラリア証券取引所に上場している Rio Tinto Limitedで構成される二元上場会社です。

二元上場会社とは、法人格を有する二つの会社が、異なる国で上場し、それぞれ別の株主を持ちつつ、所有権を共有し一体となった事業を経営している会社であり、リオ ティント グループの連結財務諸表はRio Tinto plcとRio Tinto Limitedの経済的所有権が合算されています。

リオ ティントは、鉱物資源の探鉱、採掘、加工、マーケティングに注力し、持続可能で、株主への還元を力強く実現しながら、世界の発展に寄与する金属や鉱物を供給しています。当社の主要生産品は、アルミニウム、銅、ダイヤモンド、金、産業用鉱産物(ホウ素、二酸化チタン、工業用塩)、鉄鉱石、原料炭、ウランです。

35を超える国々で働く約5万人の社員は、ベストな事業運営を目指す力強いチームとして団結しています。

4つのプロダクトグループおよび、日本で活動するその他の部門は以下の通りです。

プロダクトグループ

  • アルミニウム部門
  • 銅 & ダイヤモンド部門
  • エネルギー& ミネラルズ部門
  • 鉄鉱石部門

その他の部門

  • 成長 & イノベーション部門
  • 調達部門